薬局の処方箋提示時の詳細とレシート
薬局での薬代と医療保険について

 

アメリカでの薬の受け取りは、
日本のように医師に診察をしてもらい、
医師は患者に適した薬を処方します。

 

患者は自分の自宅やオフィスの近くの薬局など
自分が使いやすい薬局を医師またはクリニックや病院の窓口で伝え、
その薬局へ薬を受け取りに行きます。

 

 

薬局はたいていはドラッグストア内の月のカウンターが設けてあり、
処方箋の窓口で医師から書いてもらった処方箋を出して、
受け取り窓口で薬を受け取ります。

 

 

薬用の保険のカード
薬局での薬代と医療保険について

 

裏面
薬局での薬代と医療保険について

 

処方箋の窓口では、
医療保険の会社名や保険の番号などを確認されます。
保険の加入有無によって、
また、薬の種類や料によって、支払う額が違います。

 

たとえば、医療保険の加入がない場合、
一種類の薬を一週間分受け取るだけでも50ドルほどかかることもあります。

 

医療保険の加入がある場合だと、2〜3割程度の支払いで済みます。

アメリカではなぜこんなにも医療費が高いのか?のページに進む


 
米国保険TOP 日米生命保険 比較 アメリカ生命保険 利点 審査基準とハイリスク保険 私が入った医療保険