アメリカの生命保険の審査基準とは?

アメリカの生命保険の審査基準とは?

アメリカの生命保険へ加入するための審査基準には
どんなチェック項目があるのでしょうか?

 

生命保険へ加入する年齢は、
被保険者の年齢が若ければ若いほど保険料は安いです。

 

そして、60歳を過ぎると急に高くなります。
健康状態に関しては、被保険者の年齢と保険金額によって
いくつかの健康診断が行われ、査定されます。

 

 

また、これに加えてタバコを吸うかどうかや、
危険を伴うスポーツあるいは危険な地域への海外旅行をするかどうか、
運転暦(違反切符、飲酒運転の記録)なども査定の対象として評価されます。

 

 

これふまえた上で生命保険会社は申請者に対して6段階の料金のレベル分けをします。
レベルの基準のや呼び方、数などは、保険会社によって異なりますが、一般的には、

 

超優良者(Super Preferred):非常に健康で、
クレジットヒストリーも良く、交通違反も全くなく、
こういった条件において問題がない方が対象です。

 

優良者(Preferred):体調に関して、多少の体重オーバーや、
多少の高血圧・高コレステロールなどの方が対象です。

 

普通の上の人(Standard Plus):家族(親や兄弟姉妹)に50代で病死した人がいる方や、
体重オーバー、タバコを辞めて2年以内の方などが対象です。

 

普通(Standard):タバコを辞めて1年以内、
体重オーバー、多少の健康に問題がある方が対象です。

 

喫煙者(Standard Tobacco/Preferred Tobacco):喫煙者の方が対象です。
喫煙している方は、たとえ健康でもこのレベル以上の評価にならない

 

問題あり(Table Ratings):標準の基準では格付けできない健康状態の人
(糖尿病、肥満、癌など)は、
審査基準のテーブルBからH(または2から8)までの7段階で保険料が計算されます。
この審査基準テーブルは、通常1段階ランクが下がるごとに、
保険料が25%前後あがるのが一般的です。

 

そしてこれに加えて、標準の身長・体重なども査定の対象として取り扱われますが、
生命保険会社によってこの基準や計算方法などが変わってきます。
こういった情報は、生命保険の申請の段階で無料の健康診断が行われるので、
そのときにすべてチェックされるようです。

 

日本とアメリカの医療保険の比較のページに進む


 
米国保険TOP 日米生命保険 比較 アメリカ生命保険 利点 審査基準とハイリスク保険 私が入った医療保険