アメリカの生命保険

医師からの処方箋
アメリカの生命保険

 

アメリカの生命保険は一般的に信用が高く、
利回りも高いものが多いです。
また、高齢の方でも加入できる商品が多数あったり、
かなり高額な保険が可能であったり、
利回りが高かったりと商品の幅も広いようです。

 

 

そして、条件を満たしていれば、
保険料が安くなることも魅力の一つといえます。

 

ただし、日本とアメリカの生命保険の大きな違いは、
アメリカでは入院した場合の入院費などが
生命保険から払い戻しされないことです。

 

 

また、アメリカでは生命保険と入院費を保証する保険を
別々で加入しなければなりません。
アメリカには生命保険に限らず、
いろんな種類の保険会社がたくさんあるので、
信用度の高い保険を選ぶことができます。

 

 

日本で加入が難しい高齢の方や病歴の方でも、
アメリカの生命保険会社でなら
保険の加入が可能になる場合があります。

 

アメリカで生命保険に入ってしまうのです。
そして、運用の効率がいいので、
安い保険料で、多額の保険金を受け取ることもできます。

 

 

また、法律に従って手続きを行うことで、
保険金を相続税対象だけではなく、
一時所得として扱うことも可能となるので、
相続税対策にも利用することができるメリットもあります。

 

便利な中の落とし穴−インターネットの利用で生命保険を見積もるのページに進む


 
米国保険TOP 日米生命保険 比較 アメリカ生命保険 利点 審査基準とハイリスク保険 私が入った医療保険