アメリカではなぜこんなにも医療費が高いのか?

最近では、日本に住んでいても
アメリカの生命保険に加入したいという方が増えてきているようです。
なぜ、アメリカの生命保険が日本の生命保険より注目されるようになったのでしょうか?

 

 

それには、以下のような理由があげられます。

 

・日本に比べて保険料が安く、多額の保険金を受け取ることが可能である。

 

・日本の生命保険と比較すると、解約時の払戻金が多額である。

 

・アメリカの生命保険のほうが、運用率が高い。

 

・国際格付けがある会社から高い評価を受けている
 信頼性の高い保険会社の保険証券を購入できる。

 

・日本では加入できない高齢者でも、アメリカでなら加入できる可能性がある。

 

・アメリカの保険会社の健康状態の審査には幅があるので、
既往症や病歴の理由などによって日本で生命保険に加入できない
人でもアメリカでなら加入できる可能性がある。

 

・アメリカの保険会社の保険証券を担保に融資を受けることができる。

 

・アメリカの生命保険会社だと、
契約方法によっては死亡保険金を一時所得とできるので、
大きな節税対策にもなる。

 

・受け取った解約返戻金や保険金は、債権者の取り立てを受けることがない。

 

・保険金の受取人は家族でなくてもよい。

 

・現金価値のある生命保険の場合は、
保険を担保にローンが可能であったり、
現金価値の一部の引き出しが可能である。

 

・保険者の状況に応じて、保険料の融資がアレンジできる。

 

アメリカの生命保険の種類のページに進む


 
米国保険TOP 日米生命保険 比較 アメリカ生命保険 利点 審査基準とハイリスク保険 私が入った医療保険