保険の見積もり

最近はインターネットで情報を得たり、
いろんな種類の生命保険の商品に対しての見積もりができたりします。

 

しかし、生命保険という高額な商品を、
ネットを使って見積もりや契約するというのは適切な方法なのでしょうか?

 

 

たとえば、家を購入するとします。
あなたはインターネットでローンの返済プランなどを見積もりし、
購入したいと思いますか?

 

 

生命保険などの高額な商品は、こういったケースと似ているように思います。
また、アメリカの生命保険会社は何千社以上もあり、
どの生命保険会社でもそれぞれ複数の商品を持っているので
選択肢は無限といえます。

 

 

健康な方なら保険料の安いものから選べますし、
多少なら健康上問題があったとしても比較的安く入れる生命保険のプランなど、
人によって適切な生命保険やそのプランは変わってきます。

 

 

実際は個人個人によって条件が違ったりなど細かいところまでは、
インターネットの見積もりでは把握しきれないところもあり、
インターネットでの見積もり
100パーセント信用できないのも事実といえます。

 

 

掛け金の安い生命保険の中には、
年齢と共に保険料が値上がりして、
定額保険への切り替えや変更ができないものもあります。
ですので、生命保険を見積もる段階で先々のことまで把握し、
その生命保険や保険プランの特徴などを理解した上でプランを立て、
加入するというのをお勧めします。

 

 

実際に、インターネットを利用して契約しても、
生命保険会社の人と話して細かいところまで理解した上で、
自分にあった適切な保険プランを見つけて契約しても、
保険料に変わりはありません。

 

むしろ、実際に保険のプロに話を聞いて、
自分に必要なものだけを抜粋できる方がお得になるかもしれません。

アメリカの生命保険を購入する利点とは?のページに進む


 
米国保険TOP 日米生命保険 比較 アメリカ生命保険 利点 審査基準とハイリスク保険 私が入った医療保険