医療保険会社の設定したマネージドケア制度とは?

マネージドケア制度とは、病院側の医療コストの削減化により、
医療へのアクセスおよび医療サービスの内容を制限する制度のことです。

 

従来からの医師たちに対しての出来高支払い制の制度では、
医師が医療内容の決定権を持っていましたが、
これは年々医療費の高騰をまねきました。

 

国民の医療保険料の高騰と、
これによって医療保険への加入者の減少という悪循環をもたらしてしまいました。

 

 

その結果として、保険会社が新しい対策法として
「マネージドケア制度」という制度を設けました。
これは、医療保険会社が医療の内容の決定権を持ち、
医療内容を管理するという制度です。

 

 

 

この制度の大きな違いは、
今まで主要だった医師たちの意見はあくまでも参考程度となり、
医療の内容の最終決定をするのは
国民に医療保険を提供する保険会社(ビジネスマン)であり、
医師ではないということです。

 

 

 

この制度は国民側と医療提供側とのバランスを保つために設定された
対策方法でしたが、実際は国民への負担を軽くする部分の影響から、
規則やルールなどが細かく決められてもいます。

 

 

 

たとえば、患者側が病気になって医療を受ける時には、
今までのように自分で医師や医療施設を選ぶことができず、
医療保険会社が指定した医師にかからなければならなかったりします。

 

医師も一般の内科医あるいは家庭医であり、
選ばれた医師はプライマリケアドクターとして
その患者に対して初期治療にあたり、
自分の力で診療が可能と判断すればそのまま治療を続けます。

 

 

しかしながら、このプライマリケアドクターたちは
患者側に専門医が必要な場合でも、
診療費の高い専門医に患者を送るのを
出来る限り抑えようとする傾向があります。

 

そのため、患者への十分な診療を提供できないという医師の苦情や、
あるいは満足な医療を受けられないという
患者側の不満など数々の不評をまねき、
その改善を早急に迫られているというのが現状です。

医療保険の審査基準とハイリスク保険とは?のページに進む


 
米国保険TOP 日米生命保険 比較 アメリカ生命保険 利点 審査基準とハイリスク保険 私が入った医療保険