会社で加入した場合の医療保険とは?

会社が加入している医療保険に加入した場合のこと

会社で加入した医療保険会社に加入した場合、いくつかのルールに従う必要があります。

一つ目は、その保険会社が指定した病院での受診が一般的です。
会社や保険会社から病院のリストをもらって、自分で選びます。

 

 

リスト内容は、保険会社にもよりますが、
たいていはいろんな病院と提携があるので、
多くの病院の中から選ぶことができます。

 

 

また、どの病院を選んだらいいのかわからない場合は、
会社の保険担当の方がアドバイスをしてくれることも多いです。
もちろん、リスト以外の病院を利用することも可能ですが、
毎回の受診の自己負担額はリスト内の病院に比べると高くなります。

 

 

二つ目は、かかりつけの医師を決めます。
医師を変更することは可能ですが、リクエストの時期によって、
変更時期が遅くなることがあります。
たいていは月の前半までにリクエストすると、翌月から変更が可能になります。

 

 

 

三つ目は、処方箋の薬のリストです。
基本の医療保険のプランにすでに薬への保障が含まれている場合、
処方箋の薬のリストが一般的に使われます。

 

 

 

医師は、その人の医療保険の種類によって、
できるだけその処方箋の薬のリスト内から、
その患者さんにあった処方箋を選びます。
もし、その処方箋の薬のリスト以外での薬が必要な場合は、
医師やナースから説明があり、医療費を負担することになります。

日本とアメリカの生命保険の比較 のページに進む


 
米国保険TOP 日米生命保険 比較 アメリカ生命保険 利点 審査基準とハイリスク保険 私が入った医療保険