クリニックや病院での医療保険制度とは?

病院の保険制度を利用したときのレシート
クリニックや病院での医療保険制度とは?

 

病院の保険制度利用時の請求書
クリニックや病院での医療保険制度とは?

 

 

一般で保険に加入していない場合でも、
急にクリニックや病院を使わなければならないときがないとはいえません。
しかし、急にそういった機関を使って、
内容にもよりますが後から高額な医療費を請求されても、
支払えるかは定かではありません。

 

こういったケースは実際アメリカでは結構多くあります。
そこで、クリニックや病院側はこういった人たちのために、
独自の医療保険制度を設けています。

 

 

各クリニック・病院でその制度内容は違いますが、
たいていは一日の医療費の支払い限度額が決まっていたり、
分割での支払いが可能になったりします。

 

一日の医療費の支払い限度額は、一般的には100ドルくらいです。

 

けれども、ちゃんとした医療保険や医療保険プランに加入の場合に比べると、
やはり毎回の受診で高額な費用(一日の医療費の最大限度額など)がかかるので、
できるなら医療保険会社の医療保険や医療プランに
加入をしているほうがいいのかもしれません。

 

 

そして、このクリニックや病院の医療保険制度へは
その場での加入することができます。
クリニックや病院内に医療保険制度専用のオフィスがあり、
本人または家族がその担当のスタッフと話し合って、
自分たちにあったプランや支払い方法などを決め、契約を結びます。

 

 

契約が成立すると、この医療保険制度はその場から適用されます。
しかしながら、これはあくまで受診への仮処置のようなものなので、
薬が処方されても、薬代までは適用されず、
薬代はまた別に支払わなくてはなりません。

薬局での薬代と医療保険についてのページに進む


 
米国保険TOP 日米生命保険 比較 アメリカ生命保険 利点 審査基準とハイリスク保険 私が入った医療保険