日本とアメリカの生命保険の比較

病院の保険制度の契約書
日本とアメリカの生命保険の比較

 

病院の保険制度の契約書の詳細
日本とアメリカの生命保険の比較

 

アメリカにも生命保険のシステムがあります。
しかし、日本の生命保険と比べると条件がかなり違います。
そして、日本に住んでいてもアメリカの生命保険に加入したいという方が増えてきています。

 

一体何が違うのでしょうか?

 

アメリカの生命保険へは、日本では加入ができませんが、
アメリカに滞在していれば加入することができます。
外国の保険は大体そうです。現地に住んでいる人ならば加入できます。

 

 

生命保険加入のために旅費や滞在費を払ってでも加入したくなるほど、
アメリカの生命保険は魅力的です。
その理由は予定利率が高いからです。
日本は法律でいろいろしばられているのですが、
外国はそれがないケースが多いのです。

 

 

一般的に日本の生命保険は、
いろんな種類の特約(傷害特約、入院特約、通院特約など)が
たくさん付いて保険料が高くなっている場合が多かったりします。
本当にこんなにいろいろつけて、
高額の保険料を支払い続ける必要があるのでしょうか。

 

 

これらの特約や生命保険(終身保険)は、
実際には別物として考えれるものです。
特約は、もしそれだけを契約した場合、
かなり安い掛け金で済みます。

 

 

通常、生命保険会社からは、
特約と生命保険は1セットのように説明されるので、
それがあたかも一つの商品であるかのように勘違いしてしまって、
どちらも保険のプランに取り入れてしまうケースが多いです。

 

しかしながら、生命保険は高額な商品なので、
ちゃんと理解した上でプランを立てることが必要になってきます。
これを機に、一度ご自分の資産形成や相続、
税金や年金などについて見直してみるのをお勧めします。

 

アメリカの生命保険のページに進む


 
米国保険TOP 日米生命保険 比較 アメリカ生命保険 利点 審査基準とハイリスク保険 私が入った医療保険