会社で加入の医療保険に入るまで

会社で加入の医療保険に入るまで

アメリカで会社の医療保険に加入する場合は、一般的に2種類の方法があります。

一つ目は、会社が契約している医療保険会社に加入する方法、
二つ目は、会社が契約しているいくつかの医療保険会社の中から、自分で選んで加入する方法があります。

 

 

どちらの方法でも医療保険会社のそれぞれの保険プランへは、
どれも個人で選んで契約をしますが、
会社の医療保険の場合は、たいていはその家族にも適応されるので、
家族の状況によって、保険プランやオプションなどを自分たちで決めていく形になると思います。

 

 

 

会社の医療保険に関しても民間の医療保険会社と同じで、
医療保険が適用されるまでの期間は、各医療保険会社によって違うので、
すぐに適用してくれる保険会社もあれば、
一ヶ月ほどかかる保険会社もあります。

 

 

 

この待っている期間に、もし医療機関を使う必要があった場合、
保険の適用はされないので、
病院の医療保険制度を使うことになるかもしれません。

 

場合によっては、クリニックや病院にその旨を伝えると、
少し繰り上げて保険適用の許可をしてくれるところもあるようです。

 

 

 

それなので、クリニックや病院へのこういった連絡事項は、
予約を取る時点で伝えておくと、
クリニックや病院があらかじめその保険会社と連絡を取って確認を済ませておいてくれるので、
来院したときにも手続きがスムーズに行くことが多く、
支払いも高額を支払わずに済むこともあります。

 

 

会社で加入の医療保険の月々の費用は、
お給料の中から差し引かれるのが一般的です。
保険の請求金額は給料明細に記載され、
医療内容は保険会社によっては後日、
明細内容などを送ってきてくれる会社もあります。

会社で加入した場合の医療保険とは?のページへ進む


 
米国保険TOP 日米生命保険 比較 アメリカ生命保険 利点 審査基準とハイリスク保険 私が入った医療保険